子育て 男の子

男の子のトイレトレーニングの始め方と基本、成功させるコツとは

投稿日:

月日が経つにつれて、色んな事が出来るようになっていくわが子の成長。

生まれた時はまだ十分な反応が出来なかった赤ちゃんの頃と比べると、すっかり表情も感情もたくさん出てくるようになって、ますます楽しみが増えて目が離せなくなってきますね。

そんな成長を見守る中で、誰もが一度は直面する「トイレトレーニング」

大人になった今では「え?トイレ行けるようになるのにトレーニングがいるの!?」と思ってしまうかもしれませんが、実はとっても大事な過程なんです。

特に男の子の場合は、「立って」するのか「座って」するのか等、特有の悩みも。

今回は、そんなトイレトレーニングデビューをする男の子の親御さんに向けて、

トイトレの始め方からを成功させるコツまで、基本からお伝えしていきたいと思います。

これを読んで、子どもと楽しくトイトレしましょう!!

トイトレ開始平均は2歳~が最も多い

いつかは始めるトイレトレーニング。

でもいざ開始するとなると一体どの時期に始めればいいのか悩みますよね。

実は、ある記事によるアンケートだと、
トイレトレーニングの開始時期の平均は、2歳~2歳半が最も多いそうです。

引用:ベネッセ教育情報サイト https://benesse.jp/kosodate/201612/20161227-3.html

勿論個人差があるので、開始時期にはばらつきがありますが、
「そろそろ開始かな?」の目安は

・自分である程度歩けてトイレまで行ける
・簡単な言葉でも意思疎通が図れる
・オムツが濡れない時間が2~3時間の間隔で空く

等が挙げられるとのこと。

勿論早い子は1歳から始める子もいますし、遅い人では3歳後半から始める子もいます。
大体この間に約85%の人が始めていることがわかりますね。

ちなみに、男女でも多少違いがあるそうです。

お子さんが男の子の場合、男女の体のつくりの違いから、男の子の方が「おしっこが出た感覚」がわかりづらいと言われています。そのため、女の子よりもトイレトレーニングのスタートが遅れたり、長くかかったりすることがあるそうです。

確かに、男の子の場合おしっこをした時にオムツの前面は良く濡れますが、全体的にはあまり濡れないので「お尻まわりが濡れていて気持ち悪い」という感覚が少ないのでしょうか。

但し、これはあくまでも平均的な時期なので、それぞれお子さんのペースに合わせて始めていくことをおススメします。

開始時期を決めるポイントは、月齢ではなく、お子さんの心や体が、「自分でトイレに行く」ための準備が出来ているかどうかです。

また、トイレトレーニングは時間や労力がかかるので、おうちのかたの気持ちやスケジュールに余裕があることも大切です。お子さんの状態とおうちのかたの状況を総合的に判断して、トイレトレーニングを開始する時期を決めるといいでしょう。

引用:ベネッセ教育情報サイト https://benesse.jp/kosodate/201612/20161227-3.html

男の子の「立ってor座って」問題は結論「どちらもできるように」

お子さんが男の子の場合、トイレトレーニングの際に悩むのが、

「立ってするのか」「座ってするのか」問題。

これは、結果として最終的には「どちらでも出来るようにする」ことが大事になってきます。

何故かというと、お家では座ってすることが多くても、学校や公衆トイレでは立ってする形式のトイレが多いからなんです。

最近では大人の男性でも座ってする人が増えてきていますが、
昔は男性のトイレと言えば殆ど立って用を足すことが主流でした。

その為、まだまだ男性用のトイレとなると殆どが立ってする形式のトイレが多く、設置数も多い為待つ時間も短めです。

女性用のトイレに設置されている子供用トイレも、男の子用として立ってする形式のものが設置されていることが多いですよね。

但し、トレーニング開始時にいきなり両方同時に教えても混乱してしまう可能性もあるので、

順番としては、最初は補助便座やおまるにまたがって「座ってする」ことから練習し、慣れてきたらその後に、「立ってする」ことを覚えていけばいいと思います。

アイテムを上手く活用してトレーニングが◎

さぁトイレトレーニングを始めよう!と思った時に頼りになるのがグッズ。

中でも、トイレトレーニング三種の神器ともいわれるグッズといえば、
「おまる」「補助便座」「トレーニングパンツ」達です。

それぞれ特徴があり、月齢や環境などによって使い分けても良いかもしれません。

おまる

→簡単に設置が出来て、且つ床に足が届くので、1歳~等、小さなお子さんでも安定した姿勢でおしっこやうんちができます。

また、男の子用として「立ってできるタイプのおまる」も販売されています。

注意点として、使用後は毎回洗うことが必要になるので少し手間がかかるのが難点。

補助便座

→トイレで「おしっこやうんちをして、紙で拭いて、水を流して、手を洗う」という一連の動作を覚えることができます。

また、おしっこやうんちをそのままトイレで流せるので、負担が少なくなり効率的。

但し、便座が高い位置にあり、足が床に届かないため姿勢が不安定になります。(転倒の恐れ)

補助便座を使う場合は、安定させるために持ち手が付いたものを選ぶか、足元に土台を置くなどして、身体を安定させる工夫が必要になってきます。

トレーニングパンツ

→オムツ離れを促す為に使う、トイレトレーニング用の下着。

布タイプと紙タイプがあり、おしっこを漏らした時に、皮膚が濡れたような感じがする不快感を与えるように作られているパンツ。

紙タイプの魅力はオムツと同様使い捨てなので、洗濯の手間が省けるのが嬉しいところ。漏れも少ないので、お出掛け時など失敗したくないときに持っていると重宝します。

逆に布タイプは洗濯の手間がかかりますが、繰り返し使えるので経済的な面が助かります。

更に、最近では「トイレトレーニングパッド」という便利なものも発売されています。

トイトレ用のオムツとほぼ同じ感覚で使えるのですが、違いはオムツのようにそのまま履くのではなく、布パンツにぴたっと貼って使用する作りだということです。

これだと洗濯の手間も省けるうえに、紙オムツタイプのトイレトレーニング用パンツよりもリーズナブルなのが嬉しいですね。

男の子のトイレトレーニングのコツは「好奇心を刺激すること」

女の子に比べ、男の子は好奇心旺盛な為、ついトイレトレーニング中も遊びに夢中になりがちです。

そんな時に意識したいコツが、「好奇心をくすぐりながらトレーニングすること」

例えば、

・トイレに好きなキャラクターを置いたり、デコレーションしてみる
トイレに行くことが楽しみになる。

但し、おもちゃを置くなど、遊びの要素が多いトイレにしてしまうと、男の子の場合は遊びに夢中になってしまうので注意が必要です。

大げさに褒める
自信がつく、もっと頑張ろうと思える。

これは男女ともに当てはまりますが、特に男の子は褒められると俄然やる気が出やすいです。とても分かりやすく嬉しそうにしてくれます。

 

・レバー等、仕掛けを上手く利用する
トイレ後、水を流す為にレバーやボタンを自分で触ってもらうと、メカ的な仕組みに男の子は興味を持ちやすいです。

トイレが出来たらシール等を張って集める「スタンプラリー制」等も良いかもしれませんね。

トイトレで大切な心構え「焦らず、出来たら褒めて、親も覚悟を持つこと」

誰しもすんなりトイレトレーニングが進めば良いですが、そうなかなか上手く行かないこともあると思います。

そんな時、成功させるのに大事なことは「褒めてあげる」「焦らない」そして「親も覚悟を決めて一貫性を持つ」ことだそうです。

周囲の子と比べず、少しでも出来る事が増えたら褒めて、一緒に成功体験を作る。そして、ぶれずにちゃんと毎日コツコツトレーニングを続けていく。

簡単なように見えますが、実際トイレトレーニングを始めると教える側も結構な忍耐が必要になってきます。

なぜなら、一回で出来るようになる子は殆どいないからです。

大概が最初失敗してしまいます。

特に保育園や幼稚園などで周囲と関わるようになってくると、出来る子とつい比べがちになります。

そうして失敗が続くことで怒ってしまったり、面倒になってまたオムツ生活に逆戻りしてしまってはトレーニング完了までほど遠くなってしまいます。

これは私たち大人も一緒で、
筋トレを例えとして挙げるとすれば、体質に合わない食事制限や気分次第でトレーニングをやったりやらなかったりするなどすれば、当然結果は出ませんよね。

見守る側も大変ですが、初めてのステップアップをしようとする子どもも頑張っていることを忘れないでいきたいですね。

最後に

子育ては色々と気力も体力も使うので、常に怒らずにニコニコしているのは大変かもしれません。

でも、トイレトレーニングが思うように進まなくても、いつかは絶対にオムツは外れます。

個人差が大きいので、焦らず、その子の発育にあわせて進めていくように頑張ってみましょう。

こうした発達の過程も、子どもが大きくなった時に案外いい思い出になるかもしれませんよ!

  • この記事を書いた人
tokina_k

tokina_k

働きマンな性格のお仕事とゲームが大好きなアラサー女子。 2019年BOYを出産して1児の母。現在育休中。 関東住みですが、出身が関西なのでたまに小ボケた文章も書いたりなんだり。 学生時代は精神保健や心理関係専攻。 輝ける女性&母親目指して日々子育てに奮闘中♪

-子育て, 男の子

Copyright© 子育てママの情報サイト ハレスマイル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.