子育て

子育て中の食事の支度がすすまない‼︎そんなときどうすればいい?

更新日:

子供が生まれる前は料理が好きで、食事の支度も全然苦じゃなかったのに、
子供が生まれ、子育てに追われる毎日で、
食事の支度がおっくうになってきませんか?

  • 頑張って作っても、子供がなかなか食べてくれない
  • 子供がかまってちゃんになり、食事の支度が進まない
  • もう、なんだかいろいろめんどくさい

などなど、いろんな原因がありますよね。
そして、食事の支度もそうですが、自分の食事も後回しになっちゃいます。

そこで、今回は食事の支度がはかどる...
とまでは言いませんが、おっくうにならないようにするには
どうすればいいのか考えてみました。

 

頑張って食事を作ったのに食べてくれない・・・

頑張って食事を作っても、子供って気まぐれ。
いつもいつもきちんと食べてくれるとは限りません。

頑張って作っても残された日にゃ、
そりゃモチベーションがた落ちですよね。
モチベーションを保つにはどうすればいいのでしょうか。

子供のために作らない

子供のために作るのをやめましょう。

一瞬、「え!?それってひどくないですか?」って思いますよね。
でも、私は何度も何度も子供のためを思って作ってきた食事で、
べーって吐かれたり、プイってされたりを繰り返し、

もう「子供のために」という考えを捨てることにしました。
「子供のために作ってる」って思うから、
食べてくれないとしんどくなるんですよね。

一応、子供が食べやすいメニューではあるんですが、
食べてくれればラッキーくらいの心持でいるようにしたら、
少し楽になりました。

必ず食べる必須アイテムを見つける

子供が絶対に食べてくれるものを見つけて、常備しておきましょう。

どの子でも必ずこれだったら食べるっていう料理や食べ物ってありますよね。
それを、いつでも出せるように常備しておきましょう。

そして、なかなか食べなかったり、遊び食べしだしたときの最終手段として出せば、
子供の目がきらーん。さっきまでの態度はどこへやら。
もぐもぐ、にこにこ。

子供が機嫌よく食べてくれたことで、
ママの気持ちも落ち着きますよ。

ちなみにうちの子の絶対食べる最終兵器は

  • 焼きのり
  • みそ汁
  • にんじんのきんぴら
  • 切干大根の煮物
  • ひじきの煮物(渋っ)

です。なんだか渋いメニューばかりですね。
これらを常備し、最終兵器として投入しています。

 

食事の支度中に子供がかまってちゃんになったら・・・

食事の支度をしてる時に、子供がぐずったりしたときは、
子供が集中できるおもちゃで釣りましょう。
特に音の出るおもちゃがおすすめです。

子供ってなぜか夕食の支度をしてる時に限って、
キッチンのゲートの扉をお猿さんのように開けてくれーとガタガタしたり、
しまいには泣きじゃくったり、

「何で今⁈」ってときにかまってちゃんになりますよね。
そんなときは、ママも少し手を止めて、
子供が集中できるおもちゃでちょっとだけ遊んであげましょう。

そして、子供が遊びに乗ってきたらまた、作業に戻りましょう。
かまってちゃんに「ちょっと待ってて」は通用しません。

ましてや、叱るのは子どももかわいそうですし、
余計に時間を食ってしまうこともあります。

そんな時は、急いでても少しだけ手を止めて、
子供と触れ合うだけで、子供は安心し、
意外と短時間で機嫌がよくなるものなんです。

大丈夫、ご飯の時間がちょっと遅れても死にはしませんから。

これは、私の知り合いの先輩ママで、
育児や子育てのアドバイザーをしている人に聞いた裏技です。
「ちょっと待っててね」が通用しない1歳~2歳半くらいまでの子どもに効果的です。

うちも今は1歳半の子がいるのでこの裏技を教えてもらって、
俄然食事作りが楽になりました。

うちでは、百均で売ってる水筒に洗濯ばさみを入れて出すという
低コストでケチケチおもちゃが大活躍です。

↓こんな感じで遊んでおります。最近はなぜか牛乳パックもお気に入り。
安上がりな息子なのです。

 

 

食事の支度がめんどくさいときは・・・

そもそも、食事の支度がめんどくさいってときありますよね。
体調が悪いときや、子供のお世話で疲れ切った時、
本当に何もしたくなくなります。

そんな時でも、食事の時間はやってきますよね。
そんな、食事の支度がめんどくさい時に私がやってることをいくつかご紹介しますね。

作り置きおかず

私がよくやっているのは、日持ちのする作り置きおかずを常備することです。

「食事の支度が面倒なのに作り置きなんかできないよ」
ってな声が聞こえてきそうですが、
作り置きのおかずは気分が良い時やパパがお休みの時に作ってます。

手が込んでるものではありません。
何品かが冷蔵庫にあるだけで少し気持ちに余裕が出てくるものです。

私がよく作る作り置きおかず

  • 鶏ハム
  • ひじきの煮物
  • 切干大根の煮物
  • きんぴらごぼう
  • ゆでブロッコリー
  • ゆでホウレンソウ などなど

最後の2品なんて、もはやおかずでもないです(笑)

でも、ホウレンソウはゆでておくだけで、
刻んで納豆にまぜたり、卵焼きにまぜたり、
ご飯に混ぜたり・・・

うちの子は、なかなか野菜をそのままでは食べてくれないので、
こんな風に葉物野菜を茹でて常備しておくととても便利なのです。

冷凍食品

作るのがめんどくさいって日は冷凍食品に頼っちゃうのもアリです。

冷凍食品って、保存料とかがたくさん入ってて、
体に悪そうなイメージがありますが、
実は冷凍食品は保存料を必要としない食品なんだそうです。

ちょっと意外ですよね。
なので、冷凍庫の中に何品かお気に入りの冷凍食品を常備しておけば、
ここぞというときに便利です。

今はスーパーに行くとたくさんの冷凍食品がそろってます。
種類がたくさんあって、いろいろ買ってみたくなっちゃいますよ。
いろいろ試して、お気に入りの商品を見つけるのも楽しいですね。

参考:ニチレイ(https://www.nichireifoods.co.jp/media/452/)

お惣菜

もう、なにもかもめんどくさい時は、スーパーのお惣菜に頼りましょう。

お惣菜は手作りに比べて、味が濃かったりするので、
頻繁にお惣菜を食卓に出すのはあまりおすすめではないですが、

たまになら良いと思います。お惣菜を買うにしても、
揚げ物はなるべく避け、栄養バランスを考えて買うと良いですね。

私がおすすめのお惣菜は

  • 焼き鳥
  • 焼き魚や煮魚
  • かぼちゃの煮物
  • サツマイモの煮物
  • 春雨サラダ
  • きんぴらごぼう

などなど、揚げ物もたまには買いますが、
子供がまだ小さいので衣を外したりして食べさせています。

 

【まとめ】食事の支度ってめんどくさいけど・・・

子供が小さいうちは食事の支度は本当に大変ですよね。
でも、これがずっと続くわけではありません。

ここを乗り切れば、子供たちもすくすく育ち、
やがてママの大変さもわかってくれます。(と、信じています!)

もう少し大きくなって、子供もお手伝いができる年齢になれば、
食事の支度も楽しくなるはず。
わたしも、そんな日を夢見て、今から夕食の準備に取り掛かります!

  • この記事を書いた人
nonntack

nonntack

1歳5か月の息子を持つ管理栄養士です。野菜が大好きで野菜ソムリエプロの資格も持っています。私自身が、いろいろ悩みながらも、絶賛子育て真っ最中です。これから子育てする方や私と同じ子育て中の方に、私が経験したことや管理栄養士としての知識をもとに分かりやすく情報を発信していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

-子育て

Copyright© 子育てママの情報サイト ハレスマイル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.