子育て 男の子

男の子の子育て・しつけに「これは効いた!」4つのアドバイス

更新日:

男の子のしつけの仕方、どうしたらいいかわからないときありますよね。

あまりに「駄目駄目」言ってたら、伸びるものも伸びない気がするし、
だからと言って放置したら、好き放題して怪我したり、お友達と喧嘩してしまったり。

どこまで、しつければいいかわからない!って悩むときあると思います。

 

そして何より、男の子って言っても聞かない!

「さっき言ったよね」なんて、
これまでに何回言ったことか。

ほんと、どうしたらいいのかわからなくなります。

 

そこで!
魔の2歳を乗り越えて、
さらにパワーアップした反抗期の4歳の息子を育てる私が経験してきた

「これは効いた特集」をお届けします!

 

読書が好きで、育児本も数多く読んできた私は、理論に基づいて
育児することを目指しています(実際はそんなに上手くいかないですが(泣))。

 

「自己肯定感が高く、自信と愛にあふれた、優しくたくましい男の子」
に育てるための考え方も含めてお届けします。

 

「しつけ」とは?

しつけのイメージって、
お利口さんにすること、人様に迷惑をかけないこと、挨拶ができること…

そういったイメージがあるかと思いますが、

 

実は「しつけ」とは、

礼儀などの立ち振る舞いができるようになるための「訓練」だそうです。

 

そう、訓練なんです。

 

しつけを犬に例えてる先生がいらっしゃいました。

例えは悪いかもしれませんが、
犬って「お手」って言ってもすぐにはできないですよね。

それが何度も何度も教えていると、餌を見た瞬間、
「お手」を言う前からお手をしてきます

子供も一緒です。

 

初めからできなくて当然。
すぐには出来なくて当然。

何度も何度も、根気よく同じことを言い続けないといけないのです。

 

私なんて毎日のように「何度言ったらわかるの!」って言ってしまってたのですが、
訓練なんですよね。

何度も何度も同じことを言って、鍛えてあげないといけないんです。

 

魔の2歳児のしつけ

しつけを意識するのがちょうどこの頃ではないでしょうか。

今まで何をしても可愛かった息子が、
急に憎たらしくなる恐ろしい「魔の2歳児」。

私の息子の場合、癇癪(かんしゃく)がひどくなりました。

 

どこで身に着けたのか、一番耳障りな泣き方をマスターし、
ちょっと嫌なことがあると、いつもは聞いたことのないような大きな声で

「ぎゃぁぁぁぁーー!!!」

と泣き叫ぶ。

 

おもちゃコーナーで、「見るだけだよー」って言ったのに、
「帰るよー」の言葉にスイッチが入り、

「ぎゃぁぁぁぁーー!!!」しゃがみこみ攻撃

 

スーパーで、カートに乗りたい息子に
「急いでるから今日は無しねー。ごめんねー」って言うと

「ぎゃぁぁぁぁーー!!!」

周りの白い目線が突き刺さります・・・。

 

イライラしだした私は「急いでるから乗らないって!!」って半分喧嘩状態。

わかってはいても自分を落ち着かせることができないと思うことが、
毎日のようにありました。

 

今の私が、
その頃の私にアドバイスするとしたら、

抱っこしてあげよう
わかりやすく伝えてあげよう
たった10秒でOK。好きにさせてあげよう
認めてあげよう

この4つです。

 

抱っこしてあげよう

癇癪をおこしたり、わがまま言って泣いたり、すねたり、
お昼寝を嫌がったり、「ぎゃぁぁぁぁーー!!!」と暴れて泣いたら、

 

1回抱っこしてあげましょう。
たった1分でいいです。

とにかく不機嫌になったら、抱っこが一番です。

 

癇癪をおこしてる息子の脳内は、
したいことができないショックから、パニックに陥ってると私は思っています。

大人が、好きな人に勇気を出して告白したけど振られてしまったくらいのショック
なんだと思います。

もう、ショックのあまり正論なんて耳に入ってこないですよね。

 

そんな2歳の息子に、
「おもちゃ見るだけって言ったから、もう帰るよ」なんて言っても
ちょっと理解が難しいのです。

何より、息子はおもちゃに夢中。
そんな中、ママが何か長文の言葉で怒ってて、

しかも、おもちゃと離れ離れにならないといけないなんて、
もう、息子にとっては大変なパニック状態です。

そんなパニック状態のときには
一言だけ注意したら、とにかく抱っこです。

 

「よーしよしよし。わかったから抱っこしよ。
抱っこ好きでしょ~。ほら、とにかくおいで~」

なんて言って、無理やり抱っこしてその場を離れましょう。
しばらくしたら、なんで泣いてたのかも忘れてくれてます。

 

この方法、お昼寝を嫌がるときにも有効です。

「お昼寝するよ~」
「えぇ~!まだ遊びたい~!!(泣)」

「いいからおいで~。わかったからおいで~。
トントンして寝るん好きでしょ~。
ぎゅーしてあげるからおいで~。」

なんて言うと、息子は遊びたい気持ちより、ママに甘えたい気持ちのほうが勝って
しぶしぶ、ニヤニヤしながらやってきます。

ママの「勝ち」です(笑)

 

 

ここで、ひとつ気をつけておきたいことがあります。

「泣いたら抱っこ」と言いましたが、

歩き疲れて泣いたら抱っこ、はあまりよくありません。
これは甘えになってしまいます。

 

歩き疲れたら「休む」が正解。

 

休んで、休憩して、元気になったらまた歩く。
これ、意外とできるんですよ!

旅行中、我が息子にも試してみたら、休んだら歩きだしました。
「え!歩けるの?」って思ってしまったほどです(笑)。

限界までは歩かせてみましょう。
体力もつくし、夜は爆睡してくれます。

 

 

大きくなったらなくなっていくと言われてる癇癪。

保育園の先生がおっしゃるには、
2歳児はまだ語学力が乏しく、思ってることが上手く言葉にできないから
泣いて暴れるんだそうです。

年齢が上がって言葉が発達してくると、
自分の思いを言葉で伝えることができるので、癇癪や泣いて暴れることがなくなっていくそうです。

 

永遠に続くと思っていた息子の癇癪ですが、4歳となった今では
ほとんどなくなりました。

 

わかりやすく伝えてあげよう

2歳児はまだまだ言葉の理解が未熟です。
特に男の子は「なんとなく」のニュアンスがわからないそうです。

 

「ちゃんとして!」ってママが怒っても、
「ちゃんと」の意味がわからないのです。

「短く、わかりやすく、具体的に」伝えてあげるのがいいです。

 

「ふざけないで」ではなく、
「じっとしていようね」のほうがわかりやすいんです。

 

大人でも、外国語の長文がわかりにくいように、
長い言葉はまだまだ理解できにくい年頃なので、

具体的にどうしてほしいのかを、短い言葉で伝えるようにしましょう。

 

「ちゃんとパンツはきなさい!」
では
なく、「パンツはこうね」だけで大丈夫。
そのほうがよく伝わります。

(うちの息子はよくパンツはかずにウロウロしてました(笑))

 

たった10秒でOK。好きにさせてあげよう

男の子の特徴的な行動パターン」でも紹介したように、男の子は好奇心の塊です。
見つけたもの、気になったものはとにかく近づいて1度触ってみたい生き物なんです。

 

たった10秒でいいです。
危険がない限り息子さんのしたいようにさせてあげましょう。

 

男の子の好奇心が満たされるまでの時間って、ほんの10秒くらいなんです。
長くてもせいぜい10分くらいです。

 

 

以前、先輩ママ友と公園に行ったときのこと、
子供のしたいことは「いいよー」って、全てさせていたことに本当に驚きました。

そろそろ帰る時間になったとき、
「もう1回したいー!」なんて言われたら、
私は「駄目だよ、もう帰るよ」って言ってしまってたんですが
(なんて冷たい母親(笑))、

 

その先輩は、

「いいよ。もう公園閉まるからあと1回だけだよー」

って、息子さんの思うようにさせてたんです。

 

その時間、わずか10秒。

 

そのたった10秒間遊んだ息子さんは、上機嫌で帰っていました。

 

ほんとに驚きました。
私って、何に追われてたんだろう。

何か恐ろしい敵が襲ってくるわけでもないのに、10秒さえも許さなかったなんて…と、すごく思いました。

 

それからは、息子のしたいことはさせるようにしています。

ほんの10秒。

それで好奇心満たせるなんて、素晴らしいですよね。
息子の大きな成長のためにも、ちょっとした時間、大事にしてあげたいと思いました。

 

男の子の子育てがわかる!特徴的な行動パターンはみんな一緒!!

男の子の子育て、苦戦してませんか? なんでも触ろうとする、高いところがあればとりあえず登る、すぐに泣く、 言うことを全然聞いてくれない! 男の子の行動ってわからないこと多いですよね。   実 ...

 

認めてあげよう

2歳児も4歳児も、わがままがすぎる!

「あれほしい」だの、「これほしい」だの、
「あれが食べたかったー」「あそこに行きたいー」
「ブランコ先に乗りたかったー」
だのだの...

ほんと好き放題!

 

こんなときは、

「駄目って言ってるでしょ!」と否定するのではなく、
一度認めてあげましょう

思い通りにさせるわけではありません。

 

「あれほしかったね」「これ食べたかったね」
「あそこ行きたかったね」「ブランコ先に乗りたかったね」

「うんうん」って共感して、わがままを認めてあげてほしいんです。

 

この「認めてあげること」は、心理学では承認欲求とも言い、
自己肯定感(自分を自分で大切に思う気持ち)
を高めることにも繋がります。

自己肯定感の高い子は、将来大人になっても自分を大切にできます。
精神的に安定した大人へと成長してくれるのです。

 

認めてあげるだけで、
息子は、ぐすっと泣きながら「うん、〇〇したかった…」と言って我慢できるんです

本当は駄目ってわかってるんですよね。

 

それが「したい」(行動)わけではなく、
「したい気持ち」(心理)を知って認めて欲しかった
んです。

 

 

そんな息子の姿には、
こちらまで涙が出てきそうになって「よく我慢できたね」って
抱きしめてあげたくなります。

 

男の子の子育てはとても大変!だけど、そこが楽しい‼︎

子育ては、楽しい事や辛い事、大変な事など色々とありますよね。 特に、男の子はわんぱくで、走り回って親の言う事を聞かない というイメージがありませんか。 確かに、男の子はイメージ通りで大変なところもあり ...

 

パワーアップした反抗期4歳児のしつけ

さて、その2年後、
恐ろしいことになります(笑)

4歳児、反抗期の始まりです。

 

まぁ一丁前に、壁を蹴ってみたり、テーブルをたたいてみたり、
一生懸命反発
してきます。

 

この反抗期に1番効果があったと思うのは
「フル無視」です。

口車になんて、乗ってはいけません。
無視するのが一番いいです。

 

うちの息子の場合、わざわざ宣言してくれます。

もう、ぐちゃぐちゃにするもんねー
もうしないよーだ
それだったら、もうママのやつ投げるもんねーなど。

漫画のように、わざわざ宣言するので笑ってしまいそうにもなります。

 

遊びたい息子に
「着替えてから遊んでね」と言うと、
「えぇーー!!」って怒りながら、ドカドカと地面を蹴りながら精一杯の反抗

 

それでも負けずに「着替えてから遊ぼうねー」と言うと、
「もう!」っと怒りながら、彼なりに壁を一撃。

 

脱いだ服を「ふんっ!」と、わざと叩きつけて投げる。

 

ドスドス歩いて、引き出しを開けて服を選び、
「もう服ぐちゃぐちゃにするもんねー」と言って、
ママがきちんとたたんでるのを知って、1番嫌がるであろうことを宣言してきます。

 

ここで正しい答えは
「はいはい」や「勝手にどうぞー」ではなく、何も言わないです。

 

「勝手にどうぞー」と言うと、ほんとにぐちゃぐちゃにします。

「なんでぐちゃぐちゃにするのー!」
ってまた喧嘩になるので悪循環です。(何度息子の喧嘩にのってしまったことか)

 

もう一度言いますが、

フル無視してください。
決して、口車に乗ってはいけません。

 

そして着替えが無事終わった息子に「お!着替えれたね!」と、一言褒める。

これだけでOK。

 

そしたら、こっそり「にやっ」と見えないように笑って、
数分後には自分が怒ってたことも忘れて遊んでいます

 

4歳児の反抗期なんて、まだまだだそうですよー。
次の小学生の反抗期、1番厄介だそうです。

言葉も発達してきて、力も強くなってるけど
加減がわからないので、中学生や高校生の反抗期より厄介だそうです
(小児科の先生より)

 

ママさん達、覚悟しておきましょう(笑)

 

おわりに

男の子のしつけって大変ですよね。
イライラしたり、悩んだり、時には自分を責めて泣いてしまったり。

「愛情 < しつけ」

になってたから、辛かったんだなと今になって思います。

 

まだ2歳・4歳です。
まだまだ甘えたい時期です。
しつけも大事だけど、愛情をより大切にしてあげてください。

 

周りが驚くほどの激しい癇癪をおこしていたのは、
私が「わがままな子に育ってはいけない」と思いすぎて
愛情と余裕が足りていなかったからかもしれません。

 

これから魔の2歳児や4歳児を迎えるママさん達、

しつけももちろん大事ですが、今の時期は何よりママの愛が一番必要です。
溢れるほどの愛をたっぷりあげてください

 

溢れるほど愛を注がれた息子さん達は、
自信に満ち溢れ、素直でたくましく、周りの人にも愛を与えれる優しい男の子
になってくれることと思います。

 

  • この記事を書いた人
ynmt

ynmt

7歳の女の子と4歳の男の子のママです。7年以上もしてきた子育て、まだまだわからないこともたくさんありますが、私が経験してきたこと、乗り越えてきたことなどがお役に立てればいいなと思います。 腸内環境に詳しいです。日本化粧品検定2級。 ママがにこにこしてると、家族みんながにこにこしてくれると思ってます。 多くのママさんの悩みが、ハレスマイルを読んで解決しますように...❁

-子育て, 男の子

Copyright© 子育てママの情報サイト ハレスマイル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.