子育て 男の子

男の子の子育てがわかる!特徴的な行動パターンはみんな一緒!!

更新日:

男の子の子育て、苦戦してませんか?

なんでも触ろうとする、高いところがあればとりあえず登る、すぐに泣く、
言うことを全然聞いてくれない!

男の子の行動ってわからないこと多いですよね。

 

実は男の子の行動はパターン化されています。

ママ友と話していて
「うちも同じことする~」なんて会話になったことはありませんか?

それほど、男の子の行動は似ているのです。
行動パターンがわかれば、対策も見えてきます。

 

今回は、男の子の子育てに悪戦苦闘してるママさんに是非知ってほしい

  • 男の子の特徴・パターン」
  • 「男の子ならではの褒め方のポイント」

をご紹介します。

簡単なこと、単純なことばかりで笑ってしまいますよ。

小さな男心を理解できると、今まで以上に我が子が可愛く思えます。
今しか経験できない男の子の子育て、楽しくやっていきましょう!!

 

男の子の特徴・パターン

男の子の特徴・パターン

「男性」と「女性」は全く別の生き物

男の子って理解できないことが多いですよね。それもそのはず。

子供と言えども「男性」である男の子は、私たち母である「女性」と同じ人間でも
まったく別の生き物

脳のつくりから違うんです。

 

むかしむかしの大昔、何万年も前から、男性と女性の役割はある程度決まってました。

男性は主に外で獲物をとらえるのが仕事。
女性は洞窟の中で子育てしながら待っているのが仕事だったため、
それに伴って進化の仕方も女性と男性では違ってきたのです

 

「男脳」は、
獲物と自分との位置関係をはかったり、動くものを認知する能力、
方向感覚などに優れていて

獲物をどのように捕まえるか計画を立ててきたため、
物事を論理的・合理的に考える傾向があるんです。

 

男の子が、走り回って落ち着きがない、動くものが大好き、物を集めるのが好き、
同じおもちゃでいろんな工夫しながら遊ぶのも、
この「男脳」の構造や進化によるものなんですね。

 

男の子の子育てはとても大変!だけど、そこが楽しい‼︎

子育ては、楽しい事や辛い事、大変な事など色々とありますよね。 特に、男の子はわんぱくで、走り回って親の言う事を聞かない というイメージがありませんか。 確かに、男の子はイメージ通りで大変なところもあり ...

 

男の子のあるある行動パターン

「男脳」である男の子のあるある行動パターン、ご紹介します。

「うちもうちも!」なんて声が聞こえてきそうですね。

 

  1. 何でも拾う
  2. 高い所があると登る
  3. とにかく跳ぶ
  4. 競争が好き
  5. いつも何かの敵と戦っている
  6. 車や電車など乗り物が好き
  7. おもちゃを並べる
  8. ママへのアピールがすごい
  9. 褒めると照れる
  10. 怒ると怒る

 

【1.何でも拾う】

目に入ったものは必ず拾いますよね。

棒や石や葉っぱ、虫やらゴミやら何でも拾います。

 

棒は剣になって振り回すし、うちの息子はどんぐりみたいな小さな種は
とりあえず集めています。

ポケットの中から、40個ほどの種がバラバラと落ちてきたときは笑ってしまいました。

 

【2.高い所があると登る】

ちょっとした段差、登りますよね。

危ないところだとしても、
高い所を見ると登りたくなるのが男心だそうです。

 

【3.とにかく跳ぶ】

男の子、跳びます。

高いところ、道路標識の線、階段の最後、
とにかく男の子は跳びたい衝動にかられるのです。

そういう生き物なんです。

 

1~3に共通することは好奇心なんですよね。

見たことないもの、したことないことは、とりあえずやってみたくなるのが男の子です。

「それ拾っちゃだめよ」「危ないから登ったらだめよ」
なんて言われてもへっちゃら。

何度叱られても、男の子は好奇心の方が勝ってしまいます。

後にも書いていますが、
ここは危険がない限りある程度野放しにして、好きなことを好きなように
してあげたほうが成長に繋がります。

経験が自信を産むので、たくさん経験させてあげましょう。

 

【4.競争が好き】

男の子は負けず嫌いです。

男らしくていいことだと思います。

 

競争はかけっこだけじゃなく、
食べるスピードや「どちらが早いか」を競うのも好きですよね。

 

【5.いつも何かの敵と戦っている】

突然、ファイティングポーズをとり、そして壁によじのぼり、飛び降りる。

また意味もなく床を転げ回り、口や手からミサイルを出そうと一生懸命。

 

男の子はいつも何かと戦って、自分の世界に入り込んでます。

うちの場合、戦う前の変身が長くて長くて(笑)
いつも「その間にやられてしまうよー」って思ってました。

自分の世界の中ではとびきりカッコイイヒーローなんですよね。

 

【6.車や電車など、乗り物が好き】

男の子って動く乗り物が好きですよね。

うちの息子は、その中でも働く車が大好きで、
「タンクローリー」や「キャリアカー」など、
教えてもない車の種類を知っていて驚きました。

 

大昔には狩りをしていた男脳なので、
動くものには本能的に好きなのかもしれませんね。

 

【7.おもちゃを並べる】

男の子って並べるが好きです。

 

おもちゃに限らず、石や葉っぱなど、
3つ以上あるものは並べたくなるようです。

ちょっとの歪みも許さない、きちんと綺麗に並べますよね。

男の美学ってやつです。

4や7の競争や並べるのが好きな男の子の特徴は、
お片づけや着替えるときにも役立ちます。

闇雲に「早く着替えなさい!」ではなく「どっちが早く着替えれるか競争!」
とすると、すっごく早く着替えてくれますよ。

クルマを並べるのが好きなうちの息子の場合、トミカの駐車場を作ってあげました。
男の子のポリシーがあるみたいで、ひとつもゆがませず、ピタっと並べてお片づけ
してくれます。

「ママ見てー!」って満足気に報告してくれる姿はとても愛らしいです。

 

【8.ママへのアピールがすごい】

男の子にとってママは1番です。

ママに褒めてほしくてアピールしまくりです。

 

「ママ!着替えれたよ!」
「ママ!ご飯たべたよ!」
「ママ!ダンゴムシ!」

などと、一つ一つアピールしてきます。

 

「俺できたよ」アピールをしてきたとき、特にお手伝いや片づけができたときは、
めいっぱい褒めてあげましょう
率先してお手伝いしてくれるようになります(笑)

 

【9.褒めると照れる】

ママへのアピールがすごい男の子ですが、
べた褒めしてあげるとすごく照れますよね。

むちゃくちゃ嬉しくて、嬉しすぎて、照れてるんだと思います。

 

先日、お姉ちゃんにぶどうひとつを「どうぞ」してあげてたので、
褒めて頭なでなでしてあげると、
これでもか!というくらいの満面の笑みでした。

 

【10.怒ると怒る】

子供ってほんとよく親を見ていますよね。

 

私が「駄目って言ってるでしょ!」と怒ると、

「だって、〇✖〇△✖~!!!」

って、息子が知ってる限りの、
一番嫌な言葉を使って怒り返してきます。

 

駄目なことをしたときは、
きちんと息子の目線に合わせてしゃがみ、

「〇〇だから駄目なんだよ」

って説明してあげると、驚くほど素直に聞いてくれます。

 

男の子ならではの褒め方のポイント

男の子に「すごい」「えらい」はやめよう

褒め方のポイントでひとつ注意しておきたいのが
「すごい!」と「えらい!」は言わないことです。

 

え?と思ったママさんも多いはず。

私もよく、
「えらいね~」「すごいね~」と言っていましたが、

 

竹内エリカさん著書の
『マンガでなるほど!男の子に「すごい」「えらい」はやめなさい。』
を読んでから、言うのを極力やめるようにしました。

マンガでなるほど!男の子に「すごい」「えらい」はやめなさい。/竹内エリカ

「すごい」「えらい」は、
点数や評価のつくもの

「すごくない自分」「えらくない自分」に不安を抱くようになる。

「すごい」「えらい」ではなく、
「速かったね」「きれいになったね」
「お片付けできたね」「100点だったね」
など、

評価せずに行動を実況中継するように言うだけで、認められたと感じるもの。

引用:マンガでなるほど!男の子に「すごい」「えらい」はやめなさい。/竹内エリカ


「すごいね」と言われて育ってしまうと、
できない自分に対して、また他の人に「すごいね」と言われないことに
不安に感じるようになります。

 

テストの点数が低かったとき、周りのほうが自分よりすごかったときに
自分を認めることができなくなってしまうのです。

できない自分でも大丈夫、
といった「自己肯定感」を高めてあげることが大切です。

 

かけっこで1番だった男の子に

「すごいね~!1番だったね!」

ではなく、

「速かったね!1番だったね!」

とそのままを認めてあげる(承認してあげる)ことで、
「自分」に対しての自信が確定されます。

竹内エリカさんの著書では、
これをマンガでわかりやすく紹介しているので、すごく為になりました。

これを知ってから私も、
「お!きれいになったね」などと実況中継型で褒め、
頭なでなでしてあげてます。

 

現状をそのまま認めてあげることで
「自己肯定感」が高まり、自信に満ち溢れた男の子に育ってくれますよ。

 

「できそう」「できるかも」という根拠のない自信は、
それまでの経験の積み重ね

男の子なら、
初めてすることにも勇気を持って取り組んでほしいですよね。

 

実は、それも育ててあげることができます。

運動も習い事もすぐにやめるかもしれませんが、幅広くやってみて失敗する経験も
たくさん積ませてあげましょう。

子供の頃は多少傷ついてもすぐに立ち直れます。

引用:マンガでなるほど!男の子に「すごい」「えらい」はやめなさい。/竹内エリカ

 

たくましさとは、失敗する経験によって得られます。

「とにかくやってみる」という経験の積み重ねで、
「これはしたことがあるから、何だかできそう」
と自信になるのです。

 

私の息子は、
幼い頃にあまり公園に連れていけてなくて、
初めてする遊具に対して臆病なところがありました。

 

他のお友達はスイスイ行くのに、
うちの息子は怖がって「ママ~」と半泣き状態。

経験させていなかったことが悪かったと反省しています。

今では体操教室にも行くようになり、
鉄棒も怖がらず、
クラスで1番初めに足掛け周りができたくらいでした。

多くの経験をすることで自信が増えてきてるのだと思います。

 

運動以外にもお絵かきや折り紙など、
5分でできることも「経験」だと思って
幅広くさせています。

 

男の子の子育て・しつけに「これは効いた!」4つのアドバイス

男の子のしつけの仕方、どうしたらいいかわからないときありますよね。 あまりに「駄目駄目」言ってたら、伸びるものも伸びない気がするし、 だからと言って放置したら、好き放題して怪我したり、お友達と喧嘩して ...

 

まとめ

いかがでしたか?

男の子って、
ほんと言うこと聞かないし、危なっかしいし、
怒ってばかりになってしまうこともありますよね。

 

私もそうでしたが、
男の子の特徴やパターンを知ってからは
「男の子だから仕方ないか」と思えたり、

閉園前の公園で帰るのが嫌な息子に、

今までなら
「閉まってしまうから仕方ないでしょ!」と怒っていたのが、
「じゃあ出口まで競争しよ~!」と最後の最後まで走らせて、
遊ばせれるようになりました。

そしたら息子が満面の笑みで走ってくるんです。

可愛くて仕方ないですよ(笑)

こーゆーことって大事なんだな、と痛感しました。

 

子育てに正解はないですよね。
ヒントになること、これならうちでもできそう!と思ったこと、
どんどん試してみましょう。

 

褒めたときの心底嬉しそうな顔。

「ママだーいすき」って抱きしめてくれるところ。

迎えにいくと猛ダッシュで駆けつけてくれるところ。

 

可愛い息子を見てると、
疲れなんて吹き飛んでしまいますよね。

 

今しか味わえない息子さんとの貴重な時間、
小さな男心を理解して、ニコニコした毎日になるヒントになれば嬉しいです。

 

  • この記事を書いた人
ynmt

ynmt

7歳の女の子と4歳の男の子のママです。7年以上もしてきた子育て、まだまだわからないこともたくさんありますが、私が経験してきたこと、乗り越えてきたことなどがお役に立てればいいなと思います。 腸内環境に詳しいです。日本化粧品検定2級。 ママがにこにこしてると、家族みんながにこにこしてくれると思ってます。 多くのママさんの悩みが、ハレスマイルを読んで解決しますように...❁

-子育て, 男の子

Copyright© 子育てママの情報サイト ハレスマイル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.