子育て 赤ちゃん

子育てが辛い時期は〇〇期。辛かった私が当時やっておけば良かったこと

投稿日:

「退院おめでとうございます。
今日から新しい家族との生活ですね。」

 

無事に出産を終え、
そう言われて退院した夜中

 

私は新生児の娘と一緒に
泣きました。

 

真っ暗な部屋の布団の上で、

家族に見つからないように

声を抑えて

 

娘と一緒に泣いて始まった子育て。

 

新生児を抱える同じ思いのお母さん。

 

これから子育てが始まりますが、
新生児期はみんな辛いです。

 

娘が7歳となった今、
あのときの私に会えるなら

 

「うまくできないのは
あなただけじゃないんだよ。

もっと肩の力ぬいて楽しんで~」

 

と言ってあげたいです。

 

あの時こうしておけば良かったこと
お伝えします。

 

一番辛いのは新生児期

世の100人の方に聞いた調査でも、
一番辛かった時期は新生児期でした。

 

・お母さんの体が万全ではない

・赤ちゃんもまだ弱い

・はじめてで、わからない

 

そんな状態で始まる子育て。

 

はじめから上手くいくわけがありません。

 

新生児期、
赤ちゃんの出産を終えたお母さんの体は
体の一部を抜き取られたようなもの

内臓一部損傷状態です。

 

そんなボロボロの体を
たった1週間入院したくらいで
超回復するわけがありません。

 

そんな中、
退院してすぐ始まる子育て。

 

しかも、

はじめての子育て。

 

どう考えても、
上手くいくわけがないのです。

 

・新生児期は、他人にも甘えよう。

・ぜんぶ自分ひとりでかかえこまないこと。

 

 

私は自分を責めてしまった

私の娘は2700gで産まれましたが
おっぱいを吸う力が弱く、
直母で吸うことができませんでした。

 

生後2週間で赤ちゃんの体重が減りはじめ
なかなか体重が増えなくて心配されました。

 

母乳はたくさん出るのに、
赤ちゃんが吸えない。

 

「せっかく出るから直母で飲んでほしいね」
と助産師さんや母にも言われ、

 

おなかがすいたのか、
吸うのがしんどいのか、
直母の食感が嫌なのか(笑)、

 

大泣きする娘に
助産師さんと一緒に無理やり
母乳を押し付ける毎日でした。

 

直母では泣いて拒否するのに、
哺乳瓶ならぐびぐび美味しそうに飲む娘。

哺乳瓶に嫉妬したこともありました(笑)。

 

胸が張るたび
牛のように乳しぼりをし、
哺乳瓶に入れる。

そして、それを飲ませる。

 

そんなことをしていると
情けなくなってしまったのです。

 

「私のおっぱいじゃなくて
いいんじゃないか」

「私がお母さんだから
こうなってしまったんじゃないか」

とまで思ってしまいました。

 

架空の「できるお母さん」と比較して、
仕事上、何でもできる助産師さんと
子育て経験してきた母からの言葉さえも

「私だけ、何もできない・・・」

と追い込まれてしまいました。

 

私がお母さんじゃなかったら
こんなに泣きじゃくることもなかったかも。

 

私がお母さんでごめんね・・・

とまで思いました。

 

母乳を飲んだあとのげっぷ、
夫からは
「その体制で大丈夫なん?」
と言われ、

「なにもしないくせに口出さないで!」
と当たってしまったこともありました。

 

今思うと、
できなくて当たり前

 

体力もなくて当たり前。

 

自分で精一杯の中、
新生児の赤ちゃんを抱えているのです。

夫のアドバイスなんて
まともに受けれなくて当たり前。

 

もっと、

甘えてよかったんです。

 

辛いって言ってよかったんです。

 

それができませんでした。

 

 

SNS・漫画、同じ立場の人と分かち合おう

 

私は、地域の「子育て支援センター」などというものに行く勇気はありませんでした。

そもそも、ド田舎に引越ししたて、
車もなく、私一人で移動手段がなかったんです。

 

周りは友達同士。私はひとり。

周りは子育てのプロ。私は初心者。

そんな否定的なことしか考えられませんでした。

 

そんな私と同じ気持ちの方にお勧めなのが
下記3つの方法です。

 

Twitterで同時期出産の方と分かち合う

同じ時期に出産した人は
出産年月のハッシュタグで検索することができます。

 

出産が2019年6月なら「#2019jun_baby」、
2018年10月出産なら「#2018oct_baby」というように

「#西暦+月の英語3文字+_baby」
で毎月分あります。

 

その方たちをフォローしておくと、
悩みを共有できるのです。

 

夜間のタイムラインに並ぶ

  • 着地失敗(=抱っこで眠ってもベッドに置くと泣くこと)
  • 背中スイッチ発動(=布団に置いた瞬間泣くのは背中にスイッチがあるからに違いない!!)
  • ドリンクバーがんばります」(=頻回授乳)

という同士の言葉にどれだけ励まされ、救われたことでしょう。

引用:https://yoshipan.com/newborn/

今思っても、
すごくやっておきたかったです。

7年たった今、
私の娘の出産タグで検索してみると、

その赤ちゃんたちが成長して
七五三の様子などを上げている方もいました。

今見ても楽しいほどです。

 

漫画で癒される

とにかく、
同じ立場の方とわかちあうのが大切です!

SNSはちょっと・・・という方、
漫画は読まれましたか?

 

私がオススメの漫画は

ママはテンパりスト」です。

 

私の場合、出産を機に引越しをしました。

里帰り出産+親の地元の離島への引越しでした。

 

友達はいない、
SNSも漫画も読まない、
親と夫と助産師さんしか接していなかったので、

同世代の人との交流が全くなかったんです。

 

そんな中、子供が1歳頃になって
はじめて知ったこの漫画。

 

「あーわかるー!」と共感できて、
くすっと笑ってしまいました。

久しぶりに、
何も考えず笑ったのではないかと思うくらい
心からリラックスしたのを憶えています。

 

保健師さんが回ってきてくれる

SNSも漫画も、
ちょっと気分が乗らない・・・という方。

 

地域によって差があるかもしれませんが、
出産後は保健師さんが来てくれます。

 

見ず知らずの保健師さんが
私と私の子供のことを気にかけて
家まできてくれるんです。

 

孤独感たっぷりだった私にとっては
神のように思いました(笑)

 

「え~!見ず知らずのこの方が
わざわざ家まできてくれて
話聞いてくれるの~!」

と感激するのは私くらいかもしれませんが、
地域の仕組みとしてやってきてくれるので
そこでたくさん悩み聞いてもらいましょう。

 

「ひとりじゃないんだ」
と思うことが大切です。

 

 

「新生児期辛い」を乗り越えるまとめ

子供のお母さんはあなた一人だけです。

ですが、
子供を育てるのはあなた一人だけではありません。

 

夫、自分の親、家族、助産師さん、保健師さん、

地域の人、近所の人、

 

みんなで子供を育てるのです。

 

産後はホルモンの影響で
落ち込みやすくなるものです。

 

・SNS

・漫画

・子育て支援センター

・保健師さん

など、たくさん活用して

同じ立場の方とどんどん接していきましょう。

 

みんな
はじめから上手くできるわけがないんです。

 

プロのママもたくさんいらっしゃいますが、

その方もご自身が乗り越えたから、
新米ママさんに教えてあげたいんです。

 

あなたひとりじゃない。

 

今しか見れない新生児期、
肩の力抜いて、存分に楽しんでください。

  • この記事を書いた人
ynmt

ynmt

7歳の女の子と4歳の男の子のママです。7年以上もしてきた子育て、まだまだわからないこともたくさんありますが、私が経験してきたこと、乗り越えてきたことなどがお役に立てればいいなと思います。 腸内環境に詳しいです。日本化粧品検定2級。 ママがにこにこしてると、家族みんながにこにこしてくれると思ってます。 多くのママさんの悩みが、ハレスマイルを読んで解決しますように...❁

-子育て, 赤ちゃん
-

Copyright© 子育てママの情報サイト ハレスマイル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.