子育て

【子育て中のママの疑問】母乳育児っていつまで続ければいい?

更新日:

子供が生まれ、母乳育児をしているママがぶち当たる壁といえば、
断乳・卒乳問題ですよね。

生まれた当初は授乳タイムは幸せいっぱいで、
この時間が永遠に続けばいいのにって思ってました。

でも、だんだんと子供が寝がえりをうったり、
ハイハイをし、つかまり立ちするにつれ、
育児や家事もどんどん忙しくなって、そのうえ授乳・・・

あの幸せな時間は何処へ・・・という状態。
そして、ふと「おっぱいっていつやめればいいんだっけ?」
という疑問が浮かびます。

そこで、今回は

  • 断乳と卒乳ってどう違うの?
  • 母乳育児っていつまで続けるの?
  • 【先輩ママから聞きました!】卒乳のタイミングあれこれ

をご紹介します。

 

【子育て中のママの疑問1】断乳と卒乳ってどう違うの?

子育て中の数々の疑問。
おっぱいをやめることを意味する「断乳」と「卒乳」の違いをご存知ですか?
似ているようで、微妙に意味が違うんです。

断乳とは・・・

断乳とは、ママの都合(育休復帰、体調etc)などで、
ママが自らおっぱいをやめること
を言います。

昔は、1歳までに断乳をした方がいいなんて言われていましたが、
とくに決まりはありませんし、断乳が悪いことでもありません。

実際に、最初は母乳だったけど、赤ちゃんがうまく吸えなかったり、
ママも乳首トラブルなどでおっぱいをやめて、
ミルクにする方もいらっしゃいます。

世間では母乳推奨の傾向にはありますが、
赤ちゃんとママの間におっぱい以外のコミュニケーションがあって、
愛情にあふれているのであれば、特に問題はありません。

卒乳とは・・・

卒乳とは、母乳育児を続けていく中で、
1日3食を食事から摂取できている状態で、

段階を踏んでおっぱいの回数を減らし、
こどもも自らおっぱいを必要としなくなる状態
を言います。

卒乳の時期の目安は、人それぞれですが、
WHO(世界保健機関)では、

母乳育児の終了の目安は1日3食を食事から摂取している状態において、
だいたい2歳くらい
とされています。

 

【子育て中のママの疑問2】母乳育児っていつまで続けるの?

先ほど、断乳・卒乳についてご紹介したように、
母乳育児をいつまで続ければいいのかという、はっきりとした決まりはありません。

ママの体調や就業に合わせて、断乳を選択される方もいますし、
特に何も決めないで子供が自らおっぱいを吸わなくなったり、
2歳までと決めて計画的に卒乳される方もいます。

私の断乳はこんな感じでした

ちなみに、私は息子が1歳1か月の時に断乳を選びました。

それは、1日3食しっかりと離乳食を食べられていたのと、
授乳が就寝前の1回だけになっていて、
やめやすいタイミングだったからです。

また、ママ友情報で、1歳半までにおっぱいをやめれないと、
子供の自我が芽生えてしまってなかなかやめられなくなると聞いたのもあります。

やめるときは、少し寂しいようななんとも言えない感情がぐるぐるしていましたが、
いまではお出かけもしやすくなったし、
あのタイミングでやめて正解だったなと思っています。

 

【先輩ママに聞きました!】私の卒乳アンビリバボー

さきほど、私の断乳体験談をちらっとご紹介しましたが、
私の周りの先輩ママからいろいろ聞いた卒乳体験談をいくつかご紹介しますね。

ケース① 卒乳成功のカギはスーパーの○○でした。

私の元職場の先輩ママさん(Nさん)が卒乳したのは
3歳半くらいの時だったそうです。

それまで、息子(Ⅰ君)に「今日でおっぱいにバイバイしようね」とか
「○○ちゃんはもうおっぱい飲んでないんだって~」とか言って、

何度も何度も卒乳に向けてⅠ君とお話ししていましたが
なかなかやめられずにいました。

そんなある日、Ⅰ君とスーパーに買い物に行ったら、
Ⅰ君がガチャガチャの前で立ち止まり、「これやりたい!」と。
そこで、Nさんはピンときました。

Nさん「今日でおっぱいバイバイできるって約束したら、
ガチャガチャやってもいいよ。」

Ⅰ君 「おっぱいバイバイできる!」

そして、ガチャガチャをし、
ご満悦のⅠ君はめでたくおっぱいにもバイバイできた
そうです。

ケース② 意外にあっさり卒乳

別の先輩ママさんで、2歳で意外にあっさり卒乳できた方もいます。
Aさんは、育児情報などはあまり調べたりすることがない人で、
おっぱいをやめるとかも全然考えてなかったそうです。

2歳くらいまで息子のS君におっぱいをあげていましたが、
S君が急に「おっぱいまずい!」と言って、
それっきりおっぱいを欲しがらなくなったそうです。

この卒乳の形って、すごく自然体で理想形だなあって思いました。

ケース③ おっぱいおばけ

これは、私の周りの先輩ママの体験談ではありませんが、
私の大好きなマンガ、
東村アキコさんの「ママはテンパリスト」での一コマです。

このマンガは実際に作者の東村アキコさんの育児経験
をもとに書かれています。

4歳になってもなかなかおっぱいがやめられない息子との
卒乳にむけての格闘の日々が描かれている中で、

ママである東村アキコさんが、実際に口紅でおっぱいに
息子が怖がるようなおばけの絵を書いて
息子をぎゃん泣きさせるというシーンがありました。

東村アキコさんは、実際に卒乳の方法についていろいろ調べて、
これにたどり着いたそうなんですが、
結局、おばけの絵もしだいに慣れてしまって効果がなかったそうです(笑)

卒乳成功例ではありませんが、
とってもおもしろい育児マンガなので、興味があれば読んでみてください。
いろいろ励まされますよ。

ママはテンパリスト(1) [ 東村アキコ ]

価格:802円
(2019/5/7 09:47時点)
感想(602件)

 

【まとめ】やめるタイミングは人それぞれ

ここまで、おっぱいをやめるタイミングについて、
いろいろご紹介してきましたが、
総じて言えることは、

「やめるタイミングは人それぞれ、正解も不正解もない」ということです。

あっさりやめられる人もいるだろうし、
長引いてしまう人もいます。

母乳があげられなくて断乳を選択してしまったとしても、
おっぱい以外のコミュニケーションで
子供との絆がしっかりとできていれば、何も問題はありません。

私は母に「母乳は1歳までにやめた方がいいよ」なんて言われましたが、
今になって思うとそれもちょっと違うかなと思います。

そういったタイミングって、ママと子供がなんとなく感じるもの。

何度も言うように、母乳をやめることも含め、
育児に正解はありません。

そして、ママになったあなたなら子供と過ごす時間の中で、
自分にあった卒乳、あるいは断乳のタイミングがつかめるはず。そして、

おっぱいをやめたときのあのなんとも言えない感情は、
ママしか味わえないのもちょっと贅沢ですよ。

  • この記事を書いた人
nonntack

nonntack

1歳5か月の息子を持つ管理栄養士です。野菜が大好きで野菜ソムリエプロの資格も持っています。私自身が、いろいろ悩みながらも、絶賛子育て真っ最中です。これから子育てする方や私と同じ子育て中の方に、私が経験したことや管理栄養士としての知識をもとに分かりやすく情報を発信していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

-子育て

Copyright© 子育てママの情報サイト ハレスマイル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.