夫婦

【子育て中の夫婦喧嘩】なぜ?どうして?その原因と対策をご紹介

更新日:

「最近、夫のちょっとした言動にイライラする」
「子供が生まれてからなんだか喧嘩が増えたような気がする」

こどもが生まれる前に比べると、こどもが生まれてからは
今までの生活がせわしなくなり、
ちょっとしたことで喧嘩になったりしますよね。

うん、うん。よくあることです。
よくあることなんていいながら、
やっぱり喧嘩って気分がいいものではありません。

できれば喧嘩はしたくない。
ずっと仲良く過ごしたい。
お互いにそう思っているはずなのに、なぜか喧嘩してしまう。

どうして?そこで今回は

  • 夫婦喧嘩の原因
  • 喧嘩にならないために
  • 喧嘩を長引かせないために

私が心がけていることを含めて、ご紹介しますね。

 

夫婦喧嘩の原因

起こしたくないけど起きてしまう夫婦喧嘩。
一体どうして喧嘩してしまうのでしょう。
ここでは、喧嘩の原因について考えてみましょう。

あなたにも思い当たるところがあるかもしれませんね。

夫(妻)のちょっとした言動にイラッ

夫(妻)のちょっとした言動にイラっとしてしまい、
それが引き金となり喧嘩になることがあります。

子育て中はどうしてもお互い、心に余裕がなくなってくるので、
相手からの些細な一言や行動にイラっとしてしまいますよね。

ちょっとしたことなんだけど、妙にカチンときて、
言わなくても良いことを言ってしまうんですよね・・・

こんなに頑張ってるのに・・・

「私はこんなに頑張っているのに、
あなたはだらだらテレビ見てる暇があっていいですね。」

子供のことはどうしてもママが一人で背負ってしまいがち。
私だけが・・・と思ってしまうと、
パパがちょっとだらだらしているのも気になりますよね。

パパも毎日お仕事してるんですよ。
分かってはいるんだけど、私だけ休む暇がないって思ってしまう
こう言った感情も喧嘩の原因になってしまいます。

こどもの教育方針のずれ

こどもの教育や子育ての考え方の違いも喧嘩の原因になります。

こどものしつけや遊び方、ちょっと大きくなったら習い事、勉強についてなど。
意見が食い違い、喧嘩になってしまうことがあります。

でも、どちらもこどものことを大切に考えてのこと。
それなのに喧嘩になってしまうのはとっても辛いですよね。

 

夫婦喧嘩にならないようにするために

では、夫婦喧嘩にならないようにするためにはどうすればいいのか。
先ほど挙げた、原因をもとに、喧嘩にならないようにするためには
どうすればいいのか考えてみましょう。

相手の良い部分を見るようにする

相手の悪い部分は置いておいて、良い部分を見るようにしましょう

相手のちょっとした言動にイラっとしてしまうのは、
悪い部分が目立って見えてしまうから。

毎日の家事や育児で忙しく心に余裕がないときは、
どうしても悪い部分しか見えなくなってしまいがち。

最初のうちは少し大変かもしれませんが、
相手の良い部分も見てあげましょう。

聞き流すことも重要

相手の言動にイラっとくる前に、
聞き流したり心を「無」にすることも重要です。

いや、まあ相手の良い部分を見ましょうってね、
しょせん無理な話なんですよ(笑)
そんな時は、もうイラっとするまえに「無」になってください。

これは、ママ友に教わったイラっとしないためのコツなんですが、
やってみると今までは気になってた相手の言動が、

ほんと自然にどうでもよくなってくるんですよね。
この時、私はたぶん白目になってると思うくらい「無」ですね。

自分で自分をほめてあげましょう

1日1回以上、自分で自分をほめてあげましょう

こんなに頑張っているのに、毎日毎日誰からも何にも言われない。
だから「私だけが・・・」と考えてしまう。
そうならないために1日1回以上、自分で自分をほめてあげましょう。

できれば、紙に書いたり、声に出したり、
きちんと目に見える(耳で聞こえる)形だといいです。

これは私が以前受講した支援センターの子育て講座で、
心理カウンセラーの方から教えてもらいました。

「今日早起きして、お弁当作ってわたしすごい!」とか
「寝坊したのにちゃんとこどもにごはん作ってえらい!」
「今日はなんだか髪型決まってる!かわいい!」
とかなんでもいいのです。

ちょっとしたことでもきちんと話し合おう

今日あったこと、出来事はなんでも、ちょっとしたことでも話しましょう

夫婦喧嘩は時として、夫婦のコミュニケーション不足から起こりますよね。
でも、日頃からちょっとしたことでもなんでもいいので話しているうちに、
相手のこどもへの接し方や子育ての考え方も見えてくるはずです。

日頃からきちんとコミュニケーションが取れていれば、
子育ての考え方のずれがあったとしても、
話し合える環境ができているので喧嘩には発展しないんですね。

 

喧嘩を長引かせないようにするためには

相手のいい部分を見ようと努力はしました、自分も褒めました、話もできてます。
でも、喧嘩しちゃいました。はい!すぐ、仲直りしてください。

子育ては夫婦二人で協力していくのが一番。
喧嘩が長引いたところで何も良いことないですから。

仲直りしたいのなら謝る

仲直りしたいと考えているなら、もう自分から謝っちゃいましょう

謝るってことは自分の否を認めるってことだと考えていませんか?
だから、なんだか謝るのが悔しい?
それは違います。大事なのは「何に対して謝るのか」です。

言い方が悪かったと思ったのなら、そのことについて謝ります。
そして、きちんと話し合いましょう。

おはようやありがとう

喧嘩したけど、朝起きたら「おはよう」って言ってみましょう。

喧嘩したけど、寝たら結構すっきりすることってありますよね。
相手ももしかしたらそうなのかもしれません。

あえて、何も考えずに「おはよう」や「ありがとう」と
言ってみてはいかがでしょうか。
そこから、わだかまりもふっと溶けてくるはずです。

 

【まとめ】子育てとはお互いの歩み寄りが重要

今回は夫婦喧嘩について、
原因や起こらないようにするためにはどうすればいいかを考えてみました。

夫婦喧嘩について考えていると見えてくるのが、
そもそも相手の立場を思いやる気持ちがあれば、
夫婦喧嘩って起こらないんじゃないかなということ。

日頃から、きちんとコミュニケーションが取れていて
自分の考えを話し合える状態になっていればそうそう喧嘩には発展しないはず。

それでも毎日、家事や育児に追われているママさんにとっては、
ついついカチンと来てしまうこともあるかもしれません。
パパさん!本当は言いたくないんです、分かってあげてくださいね。

そもそも違う環境で育った人同士が分かりあうことって本当に難しいです。
でも、その中でどうにか折り合いをつけて困難に立ち向かっていくのが、
夫婦そして家族のすばらしいところですよね。

いま、もしあなたが喧嘩して気まずい状態なら、
明日の朝「おはよう」って言ってみませんか。

  • この記事を書いた人
nonntack

nonntack

1歳5か月の息子を持つ管理栄養士です。野菜が大好きで野菜ソムリエプロの資格も持っています。私自身が、いろいろ悩みながらも、絶賛子育て真っ最中です。これから子育てする方や私と同じ子育て中の方に、私が経験したことや管理栄養士としての知識をもとに分かりやすく情報を発信していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

-夫婦

Copyright© 子育てママの情報サイト ハレスマイル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.