子育て

いざというとき絶対に役に立つ!子育てにおすすめの本5選

投稿日:

子育てには正しい育て方というものが存在しません。
正解がないんです。

そのため、不安になったり、悩んだり、迷ったりすることは
とても多いですよね。

予防接種にはどんな種類があるのかな?
ぶつぶつができているけど、これは病気!?
離乳食ってどうやってすすめたらいいの?

1つ疑問ができたら、2つ3つと不安や疑問が増えてくるものです。
そんな時に助けになるのが、育児本です。

今の時代、ネットに答えがあるでしょっと思っている人も多いでしょうが、

悩みや不安を抱えているときに、ネットにある膨大な情報の中から、
正しい情報を得ることができるでしょうか。

ちょっと難しいかもしれませんね。

だから、必要な本を持っておくことをお勧めします。

今回は、
・育児本がたくさんありすぎて選べない人
・どんな育児本が必要なのかよくわからない人
・もっていたら心強い本を教えてほしい人

このような悩みを抱える方に、
ぜひ読んでもらいたい本をご紹介します。

ご紹介した本が一家に1冊あると、
困ったときの対処法や基礎知識を得られるだけでなく、

迷いや不安を乗り越える知恵を手に入れることができますよ。

どんな本を買おうか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

 

一家に1冊あったら安心!おすすめの5冊

子どもの成長について知りたいとき

はじめての育児は不安でいっぱいです。
そんな時に必ず助けてくれる本は、

はじめてママ&パパの育児―0~3才赤ちゃんとの暮らし 気がかりがスッキリ! (実用No.1シリーズ)です。

おすすめポイント
・フルカラーでとても見やすい
・月齢別に赤ちゃんの様子や成長の目安がわかる
・月齢別の悩みや心配事がQ&Aで書かれている
・3歳ごろまでの子育ての流れがかかれている
・病気や体調不良だけでなく、応急処置に関しても書かれている

子育てに必要な内容が網羅されています。

発育・お世話の仕方・予防接種・食事・生活リズム・病気・ケガについて
知りたい内容がこの1冊におさまっています。

また、イラストや写真が多いため、とてもわかりやすいんです。

先輩ママたちの体験だも数多く掲載されているため、
参考になりますよ。

今抱えている不安やこれからどんな風に成長していくのかも
知ることができるので、
先回りして育児の準備ができるのもいいですよね。

 

子どもの病気について知りたいとき

子どものことで心配なことは、健康についてではないでしょうか。

子どもが熱を出したとき、ケガをしてしまったとき、
正しい応急処置や初期対応、医療機関への受診の目安は
わかっていますか。

心配な人は、ぜひこの1冊を手元に置いておきましょう。
「はじめてママ&パパの0~6才病気とホームケア」です。

おすすめポイント
・夜間に発熱した場合の医療機関へ受診する判断基準
・よく使用される薬の説明、薬の飲ませ方
・予防接種の説明
・子どもがかかりうる病気の説明と写真
肌トラブルへの対処方法・ケアの仕方

私もこの本に何度助けられたことか。
すぐに読めるところに、いつもおいています。
心配なことがあったら、すぐに確認できるようにしています。

特に私が助かるなと思ったのは、
便の色や状態、匂いに関する説明でした。

便の状態は、ひとによって色や状態の表現に若干の違いがあるため、
文章だけだと理解しづらいものです。

でも、初めての育児だと、
今日は水分が多い便がでたけど大丈夫なのか。
色がいつもより黄色みが掛かっているが大丈夫なのか。

小児科に便を持って行くわけにもいかないし。と
おむつ交換のたびに心配になることもありました。

しかし、この本ではフルカラーで
健康で問題のない便と異常な便の状態や色、匂い、形状など、
説明がわかりやすくかかれているので、とても助かりました。

子育てはいつ何が起きるのかわかりません。

なにか心配事があれば、自己判断ではなく、
医療機関を受診することは大切なことです。

しかし、赤ちゃんに異常を感じた時に、
適切な対処がすぐにできるようにするためにも、
この本が家にあると、いざという時に助けになってくれますよ。

食物アレルギーが心配なとき

そろそろ離乳食をスタートさせる時期になってくると
心配になるのが食物アレルギーですよね。

自分がアレルギーを持っていたりしたら、なおさら心配です。

そんな時に助けになるのが、
「食物アレルギーをこわがらない! はじめての離乳食」です。

おすすめポイント
・離乳食の具体的な進め方が書いてある
・アレルギーが出た際は代替え食品や対象方法が書かれている。
・アレルギーに関する説明が、わかりやすく書かれている。
・アレルギーを発症しやすい食べ物について、分類ごとに説明されている。
参考レシピがのっている

離乳食のレシピ本だけでは心配なときに、
とても重宝する本です。

医学的な内容だから、さぞかし難しい用語が書かれているのかと思いましたが、

図や写真が多く掲載されていて、
難しい言葉を使わず、簡潔にわかりやすく書かれているので、
アレルギーに対する不安がなくなりました。

落ち着いて離乳食を進めることができました。

アレルギーに関する基礎知識を得たい方、
ちょっとでもアレルギーに対して不安がある方には、
絶対に読んでもらいたい本です。

 

子育てに疲れたときに

「なんだかイライラして家族にきつくあたっていまう」
「ぜんぜん子育てがうまくいかない、私ってダメだな」

子どもが生まれて、目まぐるしい日々を送る中で
なかなか心の余裕を保つのは難しいですよね。

ちょっと育児がつかれたなっと感じたら、
この本を読んでほしいです。

「子どもはあなたに大切なことを伝えるために生まれてきた。」です。

おすすめポイント
・子育てに前向きになれる
・ママは自分しかできない仕事だと自信を持てる
・子どもがお話しできるようになった時が楽しみになる

私がこの本を手に取った時は、
ママなんだから私がしっかりしなきゃいけない。
この子のために頑張らなくちゃダメなんだ。

と言い聞かせて、精神的にしんどい時期でした。

そんな時にこの本を読んで、たくさん泣きました。
そして、ちょっと頑張りすぎていた自分にきづくことができました。
子どもを抱きしめて、ママのところに来てくれてありがとうっと言いました。

今3歳の子どもにお腹にいたときの話を聞くのがすごく楽しいです。
本当かどうかはわかりません。

でも、すごく幸せな気分になれます。
そして、ママになれたことを誇りに思います。

子どもを性犯罪から守るために

子どもが成長するにつれて心配になることは、たくさんあります。

そのなかでも、子どもが犯罪に巻き込まれてしまわないか
心配になりますよね。

そんな時は、
「お母さん! 学校では防犯もSEXも避妊も教えてくれませんよ!」です。

おすすめポイント
性教育の具体的な方法がわかる
・家庭でやるべき性教育の内容について書かれている
内容がおもしろく書かれているのでちょっと笑える
・親として必要な心構えを知ることができる

性教育なんてまだ早いと思っているそこのあなた。

「なんで赤ちゃんできるの?」と聞かれたらちゃんと対応できますか。
それとも「コウノトリが連れてきてくれた」などとはぐらかしますか。

私自身、親に子供がどのようにできるのか聞いた記憶はありません。

しかし、小学生の時に、子どもが生まれる方法を友達からきいて、
その時、とても衝撃を受けたことを覚えています。

親として、子どもに正しい知識をしっておいてほしい。
でも、いつから教えるものなのか。
どうやって教えたらいいのかまったくわかりませんでした。

ただただ不安に感じていながら、先延ばししていました。
そんな時に、この本に出合いました。

学校だけに任せていては、大切な我が子は守れないかもしれません。

できることがあるなら、思春期に入る難しい時期までに
何とかしたいものですよね。

正しい情報を知らないと、
ネットの不確かな情報を真に受けててしまい、
悩んだり、犯罪に巻き込まれる可能性もあります。

私の子どもは、まだ3歳になったばかりですが、
性教育をゆっくり始めています。

まだまだ先は長いですが、
ゆっくり正しい情報を教えていけるように、
伝え方やその内容をもっと勉強する必要があると思いました。

【子育て本】はじめて父親になる人におすすめ!ママの笑顔のために!

子どもが生まれて、 「父親になったんだな」とは思うけど、いまいち実感がないパパ 逆に「父親になったんだ、がんばるぞ」とやる気満々のパパ いろんなタイプのパパがいます。 女性は妊娠して、お腹の中で命を育 ...

続きを見る

 

最後に

今回は子育てで役立つ本をご紹介させていただきました。

子どもの成長とともに、たくさんの悩みや不安が出てきますよね。

子育てに正解はないとわかっているのですが、
なにか解決の糸口がほしいと思うことはよくあります。

そんな時に開きたくなるのが育児本ですよね。

ネット上には情報がたくさんあります。

しかし、どれが正しいのか、
どんな人がどういう立場で書いているのか
考えてながら情報を探すのは、正直大変です。

しかも、検索するときはだいたい切羽詰まっている時が多いんです。

いろんな情報を見すぎて、逆に疑問が増えたり、
不安で押しつぶされそうになることもあります。

育児本があるとちょっと気持ちが落ち着いたり、
正しい対応が分かりやすく書いてあるので、安心できます。

育児本にかかれた通りに上手くいかないことも多々ありますが、
そこは自分が参考にしたい部分だけ読んだりして、
上手に活用していくことが大切ですよね。

今回ご紹介した本が、
あなたの心を支える一冊になってくれればうれしいなと思います。

 

 

  • この記事を書いた人
yuun

yuun

1歳と3歳の育児に奮闘する日々を送っています。育児をすこしでも楽しくやるために、いろいろ調べるのが好きです。子どもとの時間は、長いようで短いので、相手してもらえる今を楽しんでます。

-子育て
-

Copyright© 子育てママの情報サイト ハレスマイル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.