子育て 男の子

男の子の子育てはとても大変!だけど、そこが楽しい‼︎

更新日:

子育ては、楽しい事や辛い事、大変な事など色々とありますよね。

特に、男の子はわんぱくで、走り回って親の言う事を聞かない
というイメージがありませんか。

確かに、男の子はイメージ通りで大変なところもあります。

でもそれは、子育て中だからこそ味わえる感情だったりもします。

 

実は、男の子は大変そうというイメージの反面、育ててみると、
子供の色々な面を見る事ができて、一人一人違うので面白いですよ。

今回は、わが子を育てて、男の子について分かった事をお話しますね。

 

男の子だから

過去に「男の子は育てるのが大変でしょう」と沢山の人から言われてきました。
実際に大変な時期もあります。

特に2、3歳の頃は、ことわざ好きな私の母親から

「子供は特にやんちゃで、道端の草にも嫌われる」

と、よく言われていました。

 

やんちゃをしながら勉強している

男の子はやんちゃですが、それは、大人の私たちが、
してほしくない事をたくさんする子です。

見方を変えたらやんちゃな子は、

『していい事』『してはいけない事』

を学ぶ機会が多い子なのです。

やんちゃをしながら、小さいうちから社会に出た時の勉強しているので、
賢くて、得な子供ですよね。

 

男の子の子育てがわかる!特徴的な行動パターンはみんな一緒!!

男の子の子育て、苦戦してませんか? なんでも触ろうとする、高いところがあればとりあえず登る、すぐに泣く、 言うことを全然聞いてくれない! 男の子の行動ってわからないこと多いですよね。   実 ...

 

注意した事は、子供の心にちゃんと残っている

何度注意しても、言う事を聞かなくても、
言い続ければ、子供の心にはちゃんと残っていますよ。

子供は成長と共に、周りからの様々な誘惑に出くわす事になります。

でも、小さい頃にしっかりと善悪を教え込むと、
やってはいけない事を判断できるようになる
ので、
様々な誘惑に勝つことができます。

 

子供にとって良い見本になりましょう

そして、子供は何でも真似をします。
特に、親と接する事が多いので、親の真似をする事が多いでしょう。

なので、私が一番に気を付けたのは、私自身の悪い所を直す事でした。

大人は何をしても良いという考えはないので、
常に子供とは等身大でいます。

 

私自身、前まではゴミはすぐに捨てない、
使ったコップは出しっぱなし、何でも出したり、
使ったらしまう事ができていなかったので、全部をきちんとする事にしました。

自分がきちんとしてないと、子供をしかる事が出来ないですよね。

 

自分がきちんとしていれば、
胸を張って子供に注意したり、叱る事もできます。

ですが、きちんとしていないと、
「お母さんがやってるのだから良いでしょう」
と言われる事になります。

子供にとって良い見本になり、良いお手本を見せてあげましょうね。

 

子供への接し方・対応

兄弟で、同じ男の子でも、血液型が一緒でも似ている所はあっても性格は全く違います。

お兄ちゃんはこれで良かかったからと、弟にも同じ事をしてみても、
全く通用しない事もあります。

特に、活発な子供は多いかもしれませんよね。

 

活発な子供を大人しくさせる作戦を立ててみましょう。

ここで子供を乗せれるのかが腕のみせどころですよ。

おすすめは家族や友達と外出をする事です。

 

外出といっても、ゲームセンターやショッピングなど、
お金のかかる所は避けます。

特にゲームはエンドレスにできますので、近寄りたくないですね。
弁当の材料代はかかりますが、
それは家に居ても同じ事です。

それではピクニックの計画を入念に立てましょう。

 

子供と一緒に計画を立て、行動しましょう

親からしたら簡単な事ですが、わんぱくな男の子を乗せるためにも、
一緒に計画を立てましょう

旅行に行くくらい大げさにしたら良いのです。
それくらいの方が楽しさも倍増ですよ。

一週間程前からピクニックへ行こうと約束をしたのであれば、

「行くためには何が必要かな」
「お弁当は何を作ろう」
「どこまで行こうか」

といった、子供との会話にもなりますよね。

 

ハイキングは、子供の着替え、荷物やお弁当の準備で行くまでが大変ですが、
子供と接する良い機会ですし、
自然との触れ合いは心まで育んでくれます。

歩きながら、自然の音や匂い、普段見かけない虫を見つけたり、
どんぐりが落ちているかもしれませんね。

 

ピクニックが難しい場合は、お弁当を作って、
ベランダでピクニック気分を味わうのも良いかもしれません。

所はどこでも良いのです。

子供と計画を立てて、子供の意見も色々聞いてみたら、
未知の世界発言で面白い事を言ってくれるかもしれません。

 

大切なのは、子供と一緒にご飯を作り、食べること。
それまでの準備も沢山ありますので、子供にお手伝いしてもらいましょう。

男の子は大変ですが、接し方一つで子供も変わってきますよ。

 

動物や植物をを子供と育てましょう

もし、動物を育てているなら、一緒に子供と面倒を見て育てましょう。
そうすると、生き物にも優しい子に成長してくれますよ。

花など、植物を育てるのも良い事ですのでやってみて下さいね。

 

子供の先生は親です。
見本の親が色々と教えていきましょう。

 

男の子の子育て・しつけに「これは効いた!」4つのアドバイス

男の子のしつけの仕方、どうしたらいいかわからないときありますよね。 あまりに「駄目駄目」言ってたら、伸びるものも伸びない気がするし、 だからと言って放置したら、好き放題して怪我したり、お友達と喧嘩して ...

 

まとめ

日々の生活で特に子育ては忙しいですが、カリカリ子供の面倒をみるのではなく、
この子は勉強中なんだと、余裕を持って子供に接して、
子供に対しての見方を変えてみましょう。

子供は親の感情にとても敏感なので、
イライラしてる、機嫌が良いな、と感じとります。

 

そうなると、子供はのびのび育つ事ができませんよね。

それではいけないので、
思う存分勉強しなさいと、大きな心で男の子の子育てをしてみて下さいね。

  • この記事を書いた人
アバター

sara0410

-子育て, 男の子

Copyright© 子育てママの情報サイト ハレスマイル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.