子育て 男の子

男の子の子育てに悩んだら読んでほしい!おすすめの本3冊

投稿日:

個人差はあると思いますが、
男の子の子育ては大変です。

何が大変なのか?

大きな声で叫んだり、
いきなり戦いごっこが始まったり、
急に走り出したかと思えば、虫を発見してじっと眺めていたり。

ん??どうしてそんなことをするの?
ということは日常茶飯事ですよね。

毎日怒ったり、追いかけまわしたり、ママはヘトヘトです。
でも一方で「私って怒りすぎ?」っと不安になることもよくあります。

そんな時に助けになるのは「男の子の育児本」ですよ。

男の子の育児に疲れを感じているママ
り方やしつけの仕方に不安を抱えているママ
おすすめの本を3冊ご紹介します。

ここで最初にお伝えしておきますが、

この本を読んだからといって、
ママの悩みや不安が全部すっきり解決することはありません。
イライラ、カリカリせずに楽に育児できるようにもなりません。

しかし、男の子への効果的な叱り方や褒め方、
そして男の子という生き物への理解は深まります。

読んだ後は、自分の子どもへの接し方が必ず変わりますよ。

ご紹介した本を読むことで、ママの心にちょっと余裕ができたり、
育児のイライラがちょっとでも減ったらうれしいです。

 

男の子の育児本おすすめ3選

子育てに悩みはつきものですが、
特に男の子は、ママの想像をはるかに超える行動をとることもあって、
不安や悩みがつきませんよね。

「うちの子は変なのかな?」
「私の育て方が間違っているのではないか?」
いつの間にか悩みや不安が大きくなることもあります。

そんな時は、一人で考え込まずに本を読んでみてはいかがでしょうか。
答えが見つかるかもしれませんよ。

おすすめの3冊をぜひ読んでみてください。

男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方

この本を初めにご紹介した理由はとしては、
0歳~6歳の子どもの成長段階を7つのステップに分けて、
成長段階ごとの子どもの特徴やママの正しい接し方が書かれているからです。

とにかくわかりやすいんです。

あなたが子どもと接するとき、こんなことをしていませんか?

・子どもの行動についつい「ダメ!」とすぐ言ってしまう
・おもちゃの遊び方を教える
・感情的に怒る
・集中しているときに話かける、辞めさせる

このような行動をしていると、
子どもの自立心や自信を傷つけてしまっているかもしれません。

他にも、ママがやりがちなNG行動について、ご紹介した本には書かれています。
思わず「ええ!やってるよ、ごめん息子よ」となるNG行動もあります。

とにかく、やんちゃな息子は可愛いです。

だから心配で、子どもがケガしないように、上手にできるように、
先回りしてしまうこともありますよね。

この本をぜひ読んでください。
そして、子どもの気持ちを受け入れて、できるだけ見守ってあげられたら、
きっとかっこいい男に育ってくれるはずです。

男の子のしつけに悩んだら読む本

2冊目にご紹介する本は、
「元気いっぱい、ママの言うことなんて聞きませーん。」
というやんちゃな男の子ママの悩みを吹っ飛ばす本です。

この本をおすすめする理由は、
褒め方と注意の仕方をわかりやすく書かれているだけでなく

元保育士である著者の原坂一郎氏のアドバイスが、
ママの不安に思う気持ちに寄り添い、的確な答えが書かれているからです。

男の子のしつけのポイントは「しつけないしつけ」です。

「そんなことできるの?」
「しつけは必要でしょ!」
と思いますよね。

この本を読んだら、びっくりしますよ。

そして、ちょっと男の子の子育てが楽になりますよ。
ぜひ、手に取って読んでみてほしい1冊です。

男の子の 本当に響く 叱り方ほめ方

子どもは一日に何度も何かしら問題を絶対に起こします。
そのたびにママは見守るのか、叱るのか選択を迫られます。

でも、叱り方がよくわからないママも多いのではないでしょうか
そんな時は、この本の出番です。

3冊目にご紹介する本は、
男の子に効果的な叱り方と褒め方について、
面白おかしくかれています。

読んでいて笑えました。
そして、「こんなもんか」とちょっと安心しました。

特に印象に残っているのは、
死ななきゃいいかというスタンスで見守るというアドバイスです。

「確かにそうだよね」と納得しました。

私の息子は基本的に外に出ると服に泥やよごれがついたり、
穴をあけて帰ります。

以前は
「汚れるからダメ」「手に泥がついてるから服で拭いちゃダメ」など
「ダメ!」を連発していました。

しかし、この本を読んで
「汚れたり、破れて困るのは私。服が汚れたぐらいでは死なないからいいか」と
前よりガミガミ言わずに、育児ができるようになりました。

ぜひ、笑いながらこの本を読んでみてください。
男の子の子育てがちょっと楽しくなるかもしれませんよ。

最後に

男の子はママにとってもはや宇宙人的な存在です。
その行動を受け入れることも、理解することも、
簡単ではありません。

私も息子の行動をどこまで、どうやって受け入れてあげたらいいのかわからず、
とても悩みました。

いつのまにか「ダメ!」という言葉が、
日に日に多くなることにもストレスを感じていました。

自分の行動が息子のやる気や興味の芽をつんではいけない。
このままではいけない。
息子をダメにしてしまいそう。

そう感じていました。

しかし、ご紹介した本を読むことで、
ちょっと自分の行き過ぎた愛情に気づくことができました。

大切な存在ゆえに、もはや自分の体の一部のように感じていたのかもしれません。

同じように今、ちょっとでも不安を感じているママがいるのであれば、
ぜひ手に取って、読んでいただきたいです。

たくさんのアドバイスと、ママへの励ましのメッセージが詰まっていますよ。

そして、ぜひ旦那さんと一緒に読んでみてください。
息子にとっては、男の先輩です。
息子の理解不能な行動も旦那さんなら理解できることもあるでしょう。

私も旦那さんに本を読んでもらいました。
「俺もこういうことやってたから大丈夫」と
笑いながら言っていました。

男の子ってこんなもんなんだなって思えて、
少し気持ちが楽になりました。

今では、男の子って面白いなって思います。

「ママに怒られそうな悪いことやってます」という時の息子の顔を、
頼もしく感じます。

あまり難しく考えすぎず、
子どもがやっていることをできるだけ見守ることが大切なんですよね。

成長したら、自立したかっこいい大人の男になってほしい。
ママの願いはそれだけです。

 

  • この記事を書いた人
yuun

yuun

1歳と3歳の育児に奮闘する日々を送っています。育児をすこしでも楽しくやるために、いろいろ調べるのが好きです。子どもとの時間は、長いようで短いので、相手してもらえる今を楽しんでます。

-子育て, 男の子

Copyright© 子育てママの情報サイト ハレスマイル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.