子育て

【子育てママの最初の悩み】母乳?ミルク?混合?一番良いのは何?

更新日:

子育て中のママが最初に出会うお悩みといえば、
ズバリ授乳における「母乳で育てる」「ミルクで育てるか」という問題。

母乳がすんなり出れば、それはそれで良いのですが、
母乳の出ははっきり言って、出産してからでないと分かりませんよね。

完全母乳で育てたいと思っていても、

思ったように母乳が出ない
赤ちゃんがうまく吸ってくれない

など苦戦する方も多いのでは。
最近では、「母乳神話」もあまり聞かなくなり、
完全ミルクや混合で育てている方も全然珍しくはありません。

でも、やっぱり完全母乳の方が良いんでしょ?
なんて思ってしまい、「このままで大丈夫?」
なんて悩んでしまうことも。そこで今回は、

  • 母乳育児
  • ミルク
  • 母乳+ミルク混合

それぞれのメリット・デメリットを探りつつ、
今抱えている授乳の不安を解消し、
自分にあった授乳方法を見つけてみてくださいね。

 

やっぱり憧れる母乳育児

かつては「母乳神話」なんて言葉も出回ってたほど、
母乳は赤ちゃんにとっての「完全栄養食」です。

病院や産院でも、赤ちゃんがすぐにお母さんのおっぱいを吸えるように
生まれてすぐにお母さんのおっぱいの近くで赤ちゃんを寝かせる
「カンガルーケア」を行っているところもありますよね。

でも、「母乳神話」が薄れてきた背景には、
母乳育児でのメリットの裏に潜むデメリットも影響しているのでしょう。

母乳育児のメリット

母乳のメリットをまとめると、

  • 赤ちゃんを病気から守る免疫物質が豊富
  • ママにしっかり抱っこされ、触れ合うことで安心感を与える
  • 母乳を出すことで子宮の収縮を促し、産後の体形の戻りが速い
  • 経済的かつ作らなくていいので時短

などが、あります。
母乳に含まれる免疫物質は特に最初の三日間で出る「初乳」に特に多く含まれています。
とはいえ、母乳の免疫は有効期限付きなんですよね。

生後6か月を過ぎると、母乳で得た免疫が薄れるらしいです。
うちの子も、6か月を過ぎたあたりから、突発性発疹やら風邪やらなんやら大変でした。

母乳育児のデメリット

では、反対に母乳のデメリットは何でしょうか。
赤ちゃんの栄養面では、全く問題がみられない母乳ですが、
生活面において様々なデメリットがあるようです。

  • ママしかあげられない(預けられない)
  • あまり出かけられない、もしくは出かける時は授乳室必須
  • 睡眠不足になりがち 
  • 常にお腹が空く
  • 食べ物に気を付けなくてはいけない

など、私が経験した範囲であげてみたので、
もっといろいろあるかもしれませんね。

私は、もともと出不精ではあったのですが、
授乳中は近くに授乳室があることや、授乳室の場所を事前に調べたり、

出かけるときは授乳のタイミングを調整したりと、
とてもめんどくさく感じました。

そして、出かけるのがおっくうになってしまい、
ちょっとした引きこもりになったくらいです。

そして、栄養を赤ちゃんにほぼ吸い取られてしまうので
常にお腹が空いていましたね。

あとは、和食にカフェインレスも徹底していました。
今思うと、私自身「母乳神話」に取りつかれていたのかもしれません。

 

ミルクのメリット・デメリット

一方、母乳をあげようと頑張ったけど、結局ミルクを選択するママも。
その理由はさまざまですが、ミルクで育てることにも
たくさんのメリットがあるんです。

ミルクのメリット

  • 授乳を代わりにやってもらえる
  • 鉄分やカルシウムは母乳よりも豊富
  • 授乳室じゃなくてもあげられるので人目を気にしない
  • 職場復帰がスムーズ
  • 腹持ちが良い
  • ママも好きなものが食べられる(アルコール解禁!)

など、ミルクにはミルクのメリットがたくさんあります。
私は、やはり人目を気にせずにあげられることが、
すごくうらやましかったです。

また、授乳をパパにお願いできるところも
なんだか、ともに育児をしている感があって素敵だなあと思いました。

あとは、自分の食事を気にしなくても良いところや、
アルコール解禁もうらやましかったなぁ。
だって、たまにはジャンキーなものやビールも飲みたいですもん。

ミルクのデメリット

  • 母乳に含まれる免疫物質が含まれない
  • 母乳に比べるとお金がかかる

いろいろデメリットを考えてみたのですが、
よく言われることですが、(ここにはあえて挙げてません)
「母乳と違って母子の触れ合いが少ない」というもの。

でも、私はそうは思いません。
ママ友で完ミのママもいますが、めちゃめちゃいっぱい触れ合っていたし、
そんなことは一切感じませんでした。

また、母乳と違い免疫が含まれないことは、若干気になりますが、
病気をすることって、悪いことばかりではありません。
なぜなら、病気をすることで得られる免疫もすごく大事だからです。

 

良いとこどり?!母乳+ミルク混合

最近多いというか、ほとんどじゃないかなと感じるのが、
母乳とミルクの混合育児タイプ。

私の友人も、睡眠時間のコントロールや後々の職場復帰に備えて、
計画的に混合を行っていました。
このタイプはメリットしかないのではと思うくらい、良いとこどりなんです。

  • 寝る前だけミルクにすることで睡眠時間が確保できる
  • お出かけ前はミルクを飲ませておけば出先で授乳しなくてよい
  • 体調が悪くなっても焦らなくて済む
  • 育児の交代もしやすい
  • 職場復帰も楽ちん

たぶん、あげればもっと出てくるでしょうね。
私も、生まれてからミルクも定期的にあげてればよかったのですが、

母乳に慣れ過ぎてしまい、息子が哺乳瓶の乳首を嫌がり、
ほとんどミルクがあげられなかったです。

 

【まとめ】母乳とミルク

現在でもやはり、母乳で育てているママが多いですが、
絶対に母乳でなければいけないということはありません。
完全ミルクでもいいし、混合でも良い。

一番良いのは何?なんてテーマですがそんなのありません
うちは、母乳じゃないから・・・なんて悲観することは全くないし、
他人からもとやかく言われる筋合いもなーい!

あなたのお子さんのママはあなたなんです。
だから、あなたが自信を持っていれば、それが正解なんですよ。

愛情を持って育てていればで何の問題もありません
母乳っ子もミルク子も混合っ子も元気で健康に育ちます
ぜったい大丈夫!!

  • この記事を書いた人
nonntack

nonntack

1歳5か月の息子を持つ管理栄養士です。野菜が大好きで野菜ソムリエプロの資格も持っています。私自身が、いろいろ悩みながらも、絶賛子育て真っ最中です。これから子育てする方や私と同じ子育て中の方に、私が経験したことや管理栄養士としての知識をもとに分かりやすく情報を発信していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

-子育て
-

Copyright© 子育てママの情報サイト ハレスマイル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.